あびろぐ-アールビバン

せっかくのクリスマスなのに。

公開日: 一般

ginza-lion


クリスマス寒波が日本列島を襲った。北海道の内陸部ではマイナス26度だ。甲信越から東北の山あいにかけては例年より早い大雪にひとり住まいの高齢者にはなんとも不安がつのる。別になんともならないことなのだが、人間は、いつもと違うとか、例年にないとか、60年生きていてこれまでこんなことはなかった、などということに直感的な危機感をもち、禁忌を覚える。いわゆる“いやな感じ”という感覚だ。加えてこともあろうに今年は年末というのに年の瀬の雰囲気をぶち壊す衆院選などがあり、将来の日本の行く末を案じ、投票はしたものの、どの党と誰が当選してどうなったからと言ってこんな急にバタバタ音を立てて議員の積み木を組みなおしたところで、いったい将来どうなるのか確信ももなく、まったく消化不良気味な選挙だったとだれしもが思っているのだろう。
 そんなこんなでこの3連休、クリスマスって言ってもなあ・・というのが偽らざる小生の本音であった。それでも人々は街に繰り出すのだろうな。LEDを二十万本以上使った光のルミナリエが日本中でいったい何十箇所あるんだ!? 東京タワーと東京スカイツリーの照明はクリスマスや正月ごとにどうしても照明を変えたいのか?おれは今年はそんな若者のお決まりのデートコースみたいな、街かどデベロッパー企業のクリスマス企画にまんまと乗せられるようなことはぜったいにしないし行かない!と、思っていた。しかし、なんと言ってもこの3日間は暇だった。とにかくどこかに行こう!なんて思い、いつものように六本木方面へとふらふらと歩いて行ったのだ。

そうだ、「森美術館」で『会田誠展~天才でごめんなさい~』をやっていたなあ、と思い、友の会の会員誌「AVIVA」の裏表紙にも掲載したこともあって、見ておこう、と思った。会田誠はいまや日本で一二をあらそう人気現代アーティストだが、なにしろちょっとキワドイ。●●と天才は紙一重、というくらいに確実にキワドイ!今回の展示作品などは前から知っていたので特に驚くことはないが、ただ原画、オリジナルを直接見れるのは何ものにも変えがたいものだ。がしかし、今回の『会田誠展』では、めずらしく撮影OK作品がただひとつだけあった!美術館の中の撮影OK!これはいいことなのだが、“なんでこの作品なんだよお!!”と言いたくなる・・・。

最新作『考えない人』
最新作『考えない人』  まぎれもなく、あのロダン『考える人』のパロディだ。パロディだが、かの会田先生は大真面目なのだ。このおにぎり仮面はカタチを変え、スガタを変えて展覧会のいたるところに出没する。この写真、格調高い「あびろぐ」に乗せるか乗せないかかなり悩んだのだが、現代アートを標榜する小生としてはやはり紹介することにした。ぜひあなたの目で実物を見て欲しい!

《おにぎり仮面》が表現するのは「無為」=「何もしないこと」。人間が為す=人為的なことを禁じることから仏教的な悟りの境地を得る。ロダンの《考える人》が西洋の「頑張って悩む近代精神」であるとすれば、《おにぎり仮面》は「考えてませ~ん」と言うことで、近代精神をアジア的に茶化して気が楽になれたら、というものですね。・・・・談)会田誠

会田誠の《おにぎり仮面》だけではなんだか気持ちが悪いので、外に出て少しはクリスマスっぽいものを・・・
ヒルズのガーデンに出ていた、サントリーの「ウイスキーヒルズ2012」。<響」><山崎><白州>のオンザロック、ホットウイスキーが200円だ!
会田誠の《おにぎり仮面》

こちらは六本木ミッドタウン。
あれだけ今年は行かない、と硬く決意していた光のイベントに、やはり来てしまった。俺の決心は昔からすぐに揺らぎ、当てにならない。どちらかと言うときれいなものやイベント性のあるのもには総じて弱く、結局、すごい人ごみの中にワンノブゼン(One of Them)として烏合の衆となってしまった。
六本木ミッドタウン

※せっかくのクリスマス「あびろぐ」なのに、会田誠の《おにぎり仮面》だけではほんとうに恐縮だと思っている・・。
だがしかし“天才芸術家”会田誠はけっしてこれだけじゃあない!日本画の技法を使った繊細麗美な絵画、琳派や屏風絵の手法を現代アートにしてしまう巧妙なロジックの変換、反戦や社会批判、人間を見失った文明批判を表現する大作からチープなダンボールアート、またエログロ18禁まで、とにかく幅が広いのだ。言葉で言っても語弊があるから、興味のある人は、見るべし!

●森美術館
●3月31日まで開催

http://www.mori.art.museum/contents/aidamakoto_main/index.html

関連記事

恵比寿イルミナシオン2009

恵比寿イルミナシオン2009

とうとう晦日です! とうとう来た。年末だ!もうこの時期にもなると、「あびろぐ」の更新よりも、ビール

記事を読む

070804_1211~0001

Wood Stock

今日は東京の小金井公園のそばにある「Wood Stock」というお店をご紹介したいと思います!

記事を読む

no image

初あびろぐ/初取材

あびろぐ、出遅れました・・・。 結構、ぼ~っとしてる間にこんな展開になることは珍しくはないんですけ

記事を読む

アールビバン

リニューアル

ちゅうそんです。 HPのトップページ(最初のページ)をリニューアルいたしました。 ホーム

記事を読む

街かどアート

街かどアートはここだ_Vol.2

先だって、横浜の山下公園に行ってきました。デートではなく(20年前を思い出すなあ・・)、雑誌の広告デ

記事を読む

奈良県立万葉文化館

復活 おもしろ看板②

全国の皆さんこんにちは。 今回の写真はコレです! どうですか? 少し寒くな

記事を読む

no image

アビバの取材

本日は、アビバの取材でラッセンと会いました(^0^) で、取材にいったのは、“くろすけ”と“とにょ

記事を読む

街かどアート7

街かどアートはここだ_Vol.15

ゴールデンウィークもあっという間に終わった。ああ、そういえば去年のゴールデンウィークもあっという間に

記事を読む

北参道6

街かどアートはここだ_Vol.11

ああ、前回の掲載からずいぶん日が過ってしまった!渋谷から出発して池袋まで着くのにいったい何日かかるん

記事を読む

あさ

あさ

ちゅうそんです   電車通勤の日々です。 通勤ラッシュの時間帯は サラリーマンのイス取り

記事を読む

IMG_1419-300x225-1
春眠暁を覚えず。

皆さんはじめまして! ひげネコです! 4月から私もあびろぐを少しずつ更

気になるイバラキ あんこう鍋と地酒
JR駅貼りポスター<イバラキの巻>

小生は制作を担当している。インターネットはやや苦手だが、映像や紙ものの

五百羅漢図 白虎(西)
村上隆の五百羅漢図展!

 現代アートの旗手として広告されることの多い村上隆だが、日本では実に1

IMG_3114
大きなドラえもんと・・

こんにちわ! 毎日暑いですねえ。夏は暑いものとはいえ、8月前半の暑さ

ファンの握手に応えながら登場のラッセン
クリスチャン・ラッセン来日展2015【Paraiso】

こんにちわ! ギンザのライオンです。 暑い日が続きますねえ。 今

→もっと見る

  • ~画業40周年記念~ クリスチャン・ラッセン原画展 JAPAN TOUR 2015 【GREAT OCEAN】
  • クリスチャン・ラッセン展  Jewels 〜海と光に抱かれて〜
  • クリスチャン・ラッセン来日展《DREAMING》
  • Dream Art World 2016
  • 2017年5月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑