あびろぐ-アールビバン

桜の開花とiphonカメラ.Vol2

公開日: 一般

ginza-lion


先週目黒川の桜の蕾を見に行ってからあっという間に1週間が過ぎた…。人生も後半になると、同じ時間の流れも早く感じる。時間の経過を判断する脳の働きと感知の信号が単純化しているのだ。子供の脳はすべてが新しい体験の感知と記憶になるから新しい情報を処理するのに時間がかかる。いやそのように感じる。しかし、半世紀も生きてきた小生の脳みそは多くの経験と事象の把握が脳みその視野のほとんどを埋め尽くし、新刊の小説を読むような情報の新鮮さが欠如している。しかも新しい体験なぞ年々減ってきているからなおさら拍車をかけて記憶の視野を蝕んでいるように思える。結果、時間の流れが速いのだ。
 しかし、つまらないことばかり話しているのも、それこそ1週間しか咲くことのできない桜に対してじつに失礼な話だ!そうだ、週半ばに開花宣言されたはずの桜がどうなっているか見に行こう!
ということで、目黒川の桜を確認しに行った。

目黒川の桜先週と同ピン。早朝のためまだ日影になっているが、明らかに木の枝ぶりも桜色になり、開花していることがわかる。

目黒川の桜

目黒川の桜

目黒川の桜

目黒川の桜

目黒川の桜

目黒川の桜

目黒川の桜

目黒川の桜

桜前線、どんどん北上しますように!

関連記事

大津恵作『大宇宙にはばたく』1

街かどアートはここだ_Vol.13

さあ、地下鉄副都心線のパブリックアート散策も後半に入ったゾ!「東新宿」駅を後にしてここは「西早稲田」

記事を読む

銀座ライオン

SEO

ちゅうそんです。SEO対策という言葉をご存知でしょうか?YahooやGoogleなどの検索エンジンで

記事を読む

タンコ

夏の風物詩Vol.2

 和金、朱文金、コメット、地金、琉金、キャリコ琉金、出目金、三色出目金、土佐錦、和蘭獅子頭、東錦、青

記事を読む

麻布十番納涼まつり2009

麻布十番納涼まつり2009

“あびろぐ”をずいぶんサボってしまった!8月、9月と編集物の仕事が相次いで、行きたいところになかなか

記事を読む

武蔵御嶽神社

あけましておめでとうございます。

ちゅうそんです。 あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い致します。 みなさ

記事を読む

港区内のビルの7階から

夏の風物詩Vol.3

 9月も中旬に入ったというのに日本列島はいまだに真夏日のオンパレードだ。もう今週くらいは35度越えは

記事を読む

はな

はな

ちゅうそんです。 花は自然の織り成すアートです。 その存在そのものがアートなのかもし

記事を読む

シンギング マン

街かどアートはここだ_Vol.6

街かどアートを探して、都内をほっつき歩くのもだんだん板についてきたぞ!蕎麦屋の前をとおるとプーンと鰹

記事を読む

アンニュイな雰囲気の樹脂性の女性

アートフェア東京 2011-JULY-29-31

 《アートフェア東京》に行ってきた。JR有楽町や地下鉄各線の有楽町駅とほぼ直結する抜群の立地にある、

記事を読む

宮田亮平『幸せのリング』2

街かどアートはここだ_Vol.16

久しぶりに『街かどアート』は、<東京メトロ副都心線>へと向かったのだ。ああ、<副都心線>シリーズ、ず

記事を読む

IMG_1419-300x225-1
春眠暁を覚えず。

皆さんはじめまして! ひげネコです! 4月から私もあびろぐを少しずつ更

気になるイバラキ あんこう鍋と地酒
JR駅貼りポスター<イバラキの巻>

小生は制作を担当している。インターネットはやや苦手だが、映像や紙ものの

五百羅漢図 白虎(西)
村上隆の五百羅漢図展!

 現代アートの旗手として広告されることの多い村上隆だが、日本では実に1

IMG_3114
大きなドラえもんと・・

こんにちわ! 毎日暑いですねえ。夏は暑いものとはいえ、8月前半の暑さ

ファンの握手に応えながら登場のラッセン
クリスチャン・ラッセン来日展2015【Paraiso】

こんにちわ! ギンザのライオンです。 暑い日が続きますねえ。 今

→もっと見る

  • ~画業40周年記念~ クリスチャン・ラッセン原画展 JAPAN TOUR 2015 【GREAT OCEAN】
  • クリスチャン・ラッセン展  Jewels 〜海と光に抱かれて〜
  • クリスチャン・ラッセン来日展《DREAMING》
  • Dream Art World 2016
  • 2017年7月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑