あびろぐ-アールビバン

村上隆の五百羅漢図展!

公開日: 一般

ginza-lion


 現代アートの旗手として広告されることの多い村上隆だが、日本では実に14年ぶりという個展「村上隆の五百羅漢図展」が森美術館で10月31日から始まった。いろいろメディアにも出て、画集やら本やらが結構出ているし、六本木ヒルズのトレードマーク的なデザインやらルイ・ヴィトンのバッグにイラスト模様を提供していたりと露出は多いのでとにかく有名ですなあ。だけどあんまり実際の作品を見ていないなあ、見たような気がするのは錯覚かなあ、もしかしたら何かの現代アート展に1、2点、出品していたのを見たんじゃあないかなあ・・と小生もちょっとうろ覚えだ。やや話題先行型のイメージがある。アーティストというよりは評論家的な観点からマーケティング的な本も出しているけど、アートで金儲け的なニュアンスの表現も多く、世の真面目な文化人からは反感も買っている。しかしいままでいなかったタイプであることには間違いない!デビュー当時のキャラクタイラストキラキラメタメタ路線とちょっと変わった25メートル×4副=100メートルの五百羅漢図のニュースを知ったのは4年も前のBT(月刊美術手帳)だが、その個展が日本じゃあなく、ドバイ、というのも当時はあたかもアート=経済を実践しているのかのようでカチンと来ていたものだ。ドバイってオイルマネーの象徴で、「五百羅漢」って庶民と世の憐れみを背負うお釈迦様の弟子のようなものなのに・・だ。
 そんな村上隆の「五百羅漢図展」。二度とないかもしれないから行ってきた!

宇宙の産声

宇宙の産声


まずは金箔を貼って黄金に輝く《宇宙の産声》。一番下になって宇宙を支えているのは亀だ。世界は、いや宇宙はもやもやと混沌としたものから成り立っていることを連想することになる。金箔を貼ってしまうともうこれ以上の素材表現ができなくなってしまうが、これだけ大きく複雑な塑像が金だと説得力はある。観る人の見かたによるな、これは!

五百羅漢図 白虎(西)

五百羅漢図 白虎(西)


そして「五百羅漢図」の最初の一幅『白虎』。赤い情念のように血のたぎる背景の中に世の中の全ての悪と無常と怨念と無知と病を食い破る存在としての巨大な白虎だ!(すみません、根拠はないですが小生の解釈であります。なんとなく。)

五百羅漢図 青竜(東)

五百羅漢図 青竜(東)


次は『青竜』。この龍はたしか曽我蕭白の有名な雲龍図を模倣しているな。もちろんオマージュとしてだ。村上が描く達磨(DARUMA)などのユーモラスな描写も明らかに蕭白の影響だ。

五百羅漢図 玄武(北)

五百羅漢図 玄武(北)


三つ目は『玄武』。 小生、この絵の前で記念写真を撮ったのだがお見せできないのが残念!あ、「村上隆の五百羅漢図展」は全館写真撮影(スナップだけど)OKですぞ!あなたも記念にどうですか!?

五百羅漢図 朱雀(南)

五百羅漢図 朱雀(南)


100メートル絵画の最後は『朱雀』。未来とか宇宙とかをイメージしている。この一幅を見て国や世界が未来永劫続くにはひとりひとりの人間の所業が大事なんだぞ、というような弥勒菩薩のような錯覚を覚えられればこの絵の価値は十分にある!(またしても小生の勝手な感想だから気にしないで。)

 ということでその他にも面白い作品があるし全品日本初公開だし、意外に空いているし(!?)ぜひお出かけください!
ちなみにこの『五百羅漢図』、東北大震災に触発されて制作したのに個展がドバイだったのはこの100メートルの作品を一度に見れるスペースがなかったからということもあったらしい。本当は仙台や宮古あたりで入場無料でやってほしい。無料はむりかな。
最後にこの4副100メートルの『五百羅漢図』、すでに個人所蔵となっている。・・・やはりドバイか??

関連記事

携帯が溺れている

携帯が溺れている

ちゅうそんです。ギンザのライオン師匠が突然「携帯が溺れている」とおっしゃいました。最初は、何

記事を読む

市来先生

市来先生 こっそり来場

この、あびろぐがオープンする約1ヶ月前に、 かわいらしい動物を描く作家さん、市来先生がこっそり

記事を読む

シャンパン

シャンパン♪

お酒はあまり得意な方ではないのですが、 シャンパンは好きです。 この間、ストロベリーシャンパ

記事を読む

IMG_2393_2

お正月飾り

こんにちわ、ギンザのライオンです。 いやあ今年も大晦日になってしまった。12月31日というのはまさ

記事を読む

端切れをミシン掛け

六本木アートナイト2014

こんばんわ、ギンザのライオンです。今年もやってきました「六本木アートナイト2014」。今年のテーマは

記事を読む

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

桜の季節なのだが、天気がよくない。

 桜の季節なのだが、天気がよくない。土日はともに小雨もよいの空、さらに冷え込んでお花見どころでじゃあ

記事を読む

スカイツリー

東京スカイツリーが下町を変えた日

 東京スカイツリーとシッピングタウン「東京ソラマチ」が22日にオープンした!この日はご存知のとおり、

記事を読む

no image

はじめまして~ ちゅうそんです

 アールビバンの制作スタッフです。ギンザのライオンさんの下で日夜修行をしています。今は会社に遅刻しな

記事を読む

西洋アサガオ

ぶら下がる植物とよじ登る植物

“東京には空がない”と言って画家の琴線に触れ、めきめきと創作意欲を引き起こし、果ては名作詩集『智恵子

記事を読む

no image

アビバの取材

本日は、アビバの取材でラッセンと会いました(^0^) で、取材にいったのは、“くろすけ”と“とにょ

記事を読む

IMG_1419-300x225-1
春眠暁を覚えず。

皆さんはじめまして! ひげネコです! 4月から私もあびろぐを少しずつ更

気になるイバラキ あんこう鍋と地酒
JR駅貼りポスター<イバラキの巻>

小生は制作を担当している。インターネットはやや苦手だが、映像や紙ものの

五百羅漢図 白虎(西)
村上隆の五百羅漢図展!

 現代アートの旗手として広告されることの多い村上隆だが、日本では実に1

IMG_3114
大きなドラえもんと・・

こんにちわ! 毎日暑いですねえ。夏は暑いものとはいえ、8月前半の暑さ

ファンの握手に応えながら登場のラッセン
クリスチャン・ラッセン来日展2015【Paraiso】

こんにちわ! ギンザのライオンです。 暑い日が続きますねえ。 今

→もっと見る

  • ~画業40周年記念~ クリスチャン・ラッセン原画展 JAPAN TOUR 2015 【GREAT OCEAN】
  • クリスチャン・ラッセン展  Jewels 〜海と光に抱かれて〜
  • クリスチャン・ラッセン来日展《DREAMING》
  • Dream Art World 2016
  • 2017年3月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑